胎盤とは?

胎盤ってどんなもの?

胎盤とは、人間の女性が妊娠した時に子宮内に形成され、胎児を元気に育てるために重要な役割を果たす臓器です。

無数の血管が集まり、内側には絨毛が密生しています。

その絨毛を通じて母と子が酸素や栄養、老廃物の受け渡しなどをする場所で、まさに命の架け橋とも言えます。

胎盤の種類と比較

胎盤には動物性だけでなく、植物性のものもあります。

植物性には当然「胎盤」は存在しませんが、「胎座」という植物が元気に育つために必要な栄養素を受け取る場所があります。

まさに胎盤と類似的なものになりますよね。

動物性と同様に多くのアミノ酸やビタミン・ミネラルが含まれるため、美容面において高い効果が得られます。

美容業界で利用されている動物性の胎盤は、馬・豚・羊です。

そして植物性の原料となるものは、トウモロコシ・大豆・アセロラ・アロエ・メロンなどがあります。

動物性と植物性の比較

動物性と植物性は成分の違いといえば、植物性には「成長因子」が含まれていないことが大きいです。

動物性にだけ含まれる「成長因子」は「細胞増殖因子」とも呼ばれており、細胞分裂を活発にして新しい細胞を作り、新陳代謝をアップさせる効果があります。

そしてアミノ酸・たんぱく質・ビタミン類・核酸と美容に効果を発揮する成分がぎっしり詰まっています。

植物性で一番の利便性は、商品の安全性がピカ一なことです。

感染症や有害物質といった懸念がいりません。

そして動物性と同じように多くのアミノ酸・ビタミン・ミネラルが含まれているので、高い効果も期待できます。

胎盤が持つ優れた効果とは?

胎盤に含まれる栄養素ってどんなもの?

哺乳類の胎盤には、身体の細胞をつくるアミノ酸、身体をつくるたんぱく質・脂質・糖質の三大栄養素、身体の機能を正常に保つビタミン・ミネラルの微量栄養素、細胞の分裂を指揮し免疫力の強い身体をつくる核酸、人間のすべての生命活動に関わる酵素、といった胎児の成長に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。

そしてさらに、細胞分裂を活発にして新しい細胞を作り、新陳代謝をアップさせる「成長因子」が含まれています。

胎盤の栄養素はどんなところで利用されている?

胎盤の摂取により、不足している栄養分を補いつつ、身体づくりを助けることができます。

美容面での利用が多く、サプリメントや注射などの方法で補うことができます。

シミ・しわ・たるみ対策といった美肌づくりだけでなく、育毛にも効果があるとされています。

そして医療面でも効果を発揮しています。

しかし現在のところ、ヒトに対する胎盤の有効性について確率されている文献があまりないので、国(厚労省)が認めている効果は、「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的でプラセンタ注射を利用する場合(医療関係)のみとされています。

生まれたての動物が胎盤を食べるのはなぜ?

胎盤を食べることのメリット

自然界に住む哺乳類は、出産後に胎盤を食べています。

一点目の理由としては血の匂いを消すことで、外的から狙われるのを防ぐためです。

そして2点目、栄養満点の胎盤を食べることで出産で弱った身体を早く回復させるためです。

子どもを守るための本能ともいえるでしょう。

胎盤を食べることのデメリット

狂牛病が世界的に問題になり、それ以来厚労省からは、プラセンタ(胎盤)の原料として牛や羊などの反芻動物の胎盤は使用禁止の旨の通達が出され、豚が主流になりました。

しかし豚は感染症などを防ぐためにワクチンや厚生物質などの薬剤を投与されている可能性があるので、胎盤への安全性への懸念がぬぐえません。

また、厚生労働省より薬剤性肝障害などの被害事例がいくつか報告されています。

胎盤を食べないとどうなるか?

日本では胎盤を食べる風習はありませんが、「医療廃棄物」として基本的に扱われます。

しかし病院側の許可などいろいろな条件が揃えば、実際に食べている方も存在します。

胎盤には人間が生きていくために欠かせない栄養素がたくさん含まれているので、食べることによりエネルギーをチャージし、出産で受けたダメージを早く回復させることができます。

母乳の出もよくなるので、元気に赤ちゃんを育てることができますね。

胎盤を食べないことにより、ヒトによっては体力がいつまでも戻らず、赤ちゃんのお世話もままなりません。

野生動物においては、出産後いつまでも横たわっていたのでは外的に襲われ、せっかく授かった赤ちゃんまでもが命を失うことになりかねません。

記事内容のまとめ

野生の動物は、出産後に自分の胎盤を食べることにより、赤ちゃんや産後弱った自分を守ることができます。

胎盤には生きていく上で欠かせない栄養素をたくさん含んでおり、食すことでダメージの回復を早め、元気に赤ちゃんのお世話もできるようになるからです。

胎盤にはいろいろな秘密が隠されていますが、さらに研究が進むことでまた驚きの効果が発見されることになるでしょう。

厚生労働省「健康食品」の安全性・有効性情報http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail755.html

矢印